地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、台東区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

台東区の地域情報サイト「まいぷれ」

NPO法人全日本護身武道連盟 護身武道小林会 本部道場・上野道場

スポーツ

護身武道・小林会とは


連盟代表 小林会舘長 小林惠一

昭和57年より、武道の指導にあたり、上野に道場を昭和59年開設、今日に至ります。
「人に優しく」が私の指導精神の源です。
人の痛みが解る人であれ、自分に妥協するなを指導の柱としています。
強さとは、何か、どうあるべきなのかを追求し、より良い武道のあり方を、日々模索し続ける責任が、我々指導者には必要不可欠と考えております。それが武道精神の充実を生み、後世に確固たる存在感を残していけるものと信じています。
生徒の皆さんには、「大切な人を護り」「自分を護る」ためのものです。修学児童等においては、「いじめたり」、「いじめられたり」をしないさせない人創りを。社会人においては、自信を持って意見や主張が出来るため、各種ハラスメントに「めげない」「負けない」等のバックボーンとなるための手助けとなる指導を心掛けています。
NPO法人として活動したいと考えた動機は,一任意団体としての活動では、正しい理解と関心を深めることが難しく、また、信用及び信頼において、得難いものがありました。
特定非営利活動法人として、「健全な心身の育成」「地域及び社会貢献」「公益の増進に寄与」を目的として活動し、事業を展開していきます。

講演事業 (武道に関する意識についての調査を行い、対象者やニーズの把握をして、広く理解を深める話し等をする。)

派遣事業 (護身武道の技術を広めるため、企業、地域に指導員を派遣する。)

普及事業 (ホーム・ページを開設し、活動内容を紹介する。また、護身の意識の啓発を図る。)

開催事業 (登校拒否、いじめ等に関する相談会を開催する。)

代表としての活動は、多くの地域に、全日本護身武道連盟におけるこれらの「考え」や「技」等を文化として根付かせるための行動を積極的に行っていきたい。
まず、各師範が、一教室又は一道場を開設し、護身武道の師範として、価値ある活動が出来るような支援を考えています。
連盟の指導者については、努力を惜しまず研鑽してきた人達です。 そのような一人ひとりと深い関わり合いを持ち、他に負けない独自の練習をしてきました。その結果として、それぞれが輝かしい戦績を残し、強さと謙虚さを兼ね備えて、現在もなお他武道に挑戦し続けており誇りと尊敬をしています。又各委員長としての活動においても積極的に役割を遂行し、この法人化に至ることができたのです、偉大なる先生方に深く感謝しております。
活動場所東京都台東区東上野6-16-8上野小学校体育館
活動日毎週月曜日 夜7時~8時10分 年少部 夜7時~9時 一般部
連絡方法連絡先 瀧井正 詳細はHPをご覧下さい
TEL:080-5386-3331
ホームページhttp://zengoburen.org/
NPO法人全日本護身武道連盟 護身武道小林会 本部道場・上野道場のコミュニティ 掲示板トピックス